危険な運転動画を即、お知らせ! 通信型ドライブレコーダー | 東京IT新聞

危険な運転動画を即、お知らせ! 通信型ドライブレコーダー

コンシューマー 産業のIT化

運輸総合管理システム「トラックメイト」シリーズを販売する株式会社タイガーは、通信型ドライブレコーダー「Samly」の動画閲覧や走行データ解析が可能なクラウド型サービス「WEBドラサービス」を、2月10日にリリースする。

システムの開発協力では、大手企業の受託システム開発を手掛ける株式会社ウエルストーンと、ドライブレコーダーでは、株式会社ドライブ・カメラの開発した通信型ドライブレコーダー「Samly(サムリー)」と、それぞれ連携した。


「WEBドラサービス」は、通信型ドライブレコーダー「Samly」から受信する大量の危険運転動画を、閲覧管理するための仕組みだ。特に危険な運転が発生した場合は、「WEBドラサービス」上にリアルタイムに通知、動画取得を行なう。車両1台につき300件の動画をクラウド上に保管でき、それらの動画は、「重大な危険運転」、「急減速」、「急加速」、「急ハンドル」、「速度超過」などに自動分類される。ドライブレコーダー「Samly」は、3G回線を利用して通信する。

WEBドラサービスは2月10日からサービスを開始、月額利用料は車両1台当たり税別1980円から。ドライブレコーダーの「Samly」は参考価格11万円(税別、取り付け費別)。初年度の販売目標は2000台を計画し、営業用車両をはじめ自家用車両の安全運転のサポート支援を目的とする。

今後は、様々な走行データ・運転動画を元に、危険運転の発生している箇所のハザードマップや運転傾向の分析に役立つ帳票、データの出力機能、車両の任意の走行時間帯の動画取得機能など、「危険な運転を予防する」ための各種機能を取り揃えていく。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top