エネルギー管理を可視化・最適化する IoT | 東京IT新聞

エネルギー管理を可視化・最適化する IoT

エンタープライズ 企業動向

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、米国のソフトウェア企業であるOSIsoftと販売代理店契約を締結し、設備や機器に取り付けたセンサーからリアルタイムでデータを収集・保存し、管理・分析を行なう、オンプレミス型ソフトウェア「PI System(パイ・システム)」を22日から提供する。

CTCは2011年からOSIsoftの「PI System」を使用して、風力や太陽光発電、系統電力を含めた、エネルギーの利用を総合的に管理するIoTクラウドプラットフォーム「E-PLSM(エプリズム)」を提供している。これまでに蓄積したノウハウに基づいて「PI System」導入から運用までをトータルに支援する。

2016年4月からの電力小売の全面自由化に伴い、電力会社、ガス会社、製造業を中心に提供し、「E-PLSM」と合わせて3年間で10億円の売上を目指す。

再生可能エネルギーの利用が普及しているが、気象条件で出力が大きく変動するタイプが多いため、電力の安定した需給調整が技術的な課題だ。また、海外では発電所の老朽化に伴う計画外停止が問題になっているところもあり、予防保全という考え方が始まっている。そのような中で IoT技術は、様々な設備や機器にセンサーを設置し、変動に合わせたリアルタイム対に策を実現できるものとして期待される。

「PI System」は、発電所内の電力計や監視制御システム、その他の設備・機器などに取り付けたセンサーごとに、過去・現在に未来の予測値を加えた時系列データを収集・蓄積して、運用状況を可視化するソフトウェアだ。設備・機器と接続できるインターフェースは標準で450種類以上が用意され、大容量かつ高速データ処理に適した時系列データベースが特長だ。米国では国内の全発電量475GWのうち、約60%を「PI System」がモニタリングしているという。

いっぽう「E-PLSM」は、事業者が必要としているエネルギー関連データを集中管理することで、発電施設や蓄電池、その他の設備・機器などを監視して可視化し、発電量や電力需要の予測まで統合的に行なうクラウドサービスだ。データに基づく傾向と対策を計画し、エネルギーの効率的な利用と最適な運用の実現を支援する。

CTCでは、「PI System」の他に、複数拠点とのデータ連携やコスト効率など、統合的なクラウドサービスを必要とする顧客に「E-PLSM」を提供する。またCTCは、20年以上前から気象会社としての実績があり、データ解析のために気象データを提供することができる。「PI System」と「E-PLSM」の提供を通じて、IoT技術の活用推進と、再生可能エネルギーの普及を促進する。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top