新電力とケーブルテレビが提携…横浜相鉄沿線 | 東京IT新聞

新電力とケーブルテレビが提携…横浜相鉄沿線

エンタープライズ 企業動向

東急パワーサプライと横浜ケーブルビジョンは、2016年4月の電力小売全面自由化にあわせ、東急パワーサプライが展開する電気サービスの販売代理契約を締結することで合意した。両社が22日に発表した。

東急パワーサプライは、リーズナブルな料金設定、東急グループの各種商品・サービスとの連携などにより、消費者の快適でスマートな暮らしをサポートすることを目指している。今回、横浜駅以西の相鉄線沿線地区をサービスエリアとし、多くの顧客基盤を持つYCVと提携することは、電気サービスの顧客獲得に寄与すると期待される。

いっぽうYCVは、相模鉄道線沿線の放送・通信インフラ事業者としてテレビ、インターネット、電話などを提供しており、約5万世帯の顧客がいる(2015年12月末)。東急パワーサプライの電気サービスをYCVの提供メニューに加えることで、新規顧客の獲得や現顧客の維持を図る。YCVは2月中旬より、同社のサービスエリアで電力サービスの申し込み受付を開始する。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top