電子カルテ、広島で共同サービス クラウド | 東京IT新聞

電子カルテ、広島で共同サービス クラウド

コンシューマー 産業のIT化

NECは、広島県立広島がん高精度放射線治療センター(HIPRAC)に、NEC子会社のサンネットを通じて、SaaS型電子カルテサービス「MegaOakSR for SaaS(メガオーク エスアール フォー サース)」を、2015年10月より提供している。

広島市のHIPRACは、広島地区の4基幹病院や他の医療機関などから紹介されたがん患者に対して、高精度放射線治療を実施する専門センターだ。4基幹病院は、広島大学病院、県立広島病院、広島市立広島市民病院、広島赤十字・原爆病院の4病院。

これら既存の医療機関で検査・診断されている患者をHIPRACで治療し、治療後の患者のフォローアップは紹介元の病院が行なうため、HIPRACと医療機関で患者の治療状況を共有する必要がある。

HIPRACはNECのSaaS型電子カルテサービス「MegaOakSR for SaaS」を導入し、4基幹病院と共同利用することにより、患者の診療データの共有を実現した。

がんの治療として、放射線治療とりわけ高精度放射線治療への期待は大きくなっている。従来、がん患者の放射線治療は各病院で実施されていたが、人的・物的資源を個別の医療機関単位で投入せずに、より高精度な放射線治療を提供できる医療体制を整えるため、広島地区でのがん放射線治療の新拠点として、4基幹病院の連携・共同事業でHIPRACが設立された。

「MegaOakSR for SaaS」は、主に100床未満の病院向けに、電子カルテや医療事務などの機能を、クラウド環境を通して提供する。HIPRACの職員は、電子カルテの運用管理や医療事務の改訂作業などに労力をかけることなく、放射線治療の実務に専念できる。また、患者の診療データが一元的に管理されるため、4基幹病院は治療の進捗を的確に把握することができ、重複検査などを防ぐことにもつながる。

なお診療データは、建物の耐震など地震への対策や、監視カメラ・生体認証による入退室管理などのセキュリティ対策を実施している、NECのデータセンターで管理されている。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top