都立の高専でセキュリティ技術者育成…首都圏で初のプログラム | 東京IT新聞

都立の高専でセキュリティ技術者育成…首都圏で初のプログラム

コンシューマー セキュリティ

東京都立産業技術高等専門学校は1月25日、情報セキュリティ技術者育成など新たな職業教育プログラムを2016年4月より開設すると発表した。これは、産業界のニーズへの対応や、東京都の都市課題の解決に向け、実践的な職業教育をより一層推進するための取り組み。これにより、高度な専門知識と技術・技能を兼ね備えた実践的な中核技術者を輩出することを目的としている。

新たに設置するのは、電子情報工学コースの「情報セキュリティ技術者育成プログラム」、航空宇宙工学コースの「航空技術者育成プログラム」。首都圏の高専で初めて、基礎的な工学知識をベースに実践的な職業教育を上乗せする体系的なプログラムを実施する。情報セキュリティ技術者育成では、実習を主体とした教育プログラムを実施。実習では、実際に情報システムを構築・運用し、サイバー攻撃によって引き起こされるインシデントを実際に体験しながら対応法を身につける。

首都圏の高専で初となる実践的な情報セキュリティ技術者育成プログラム(東京都立産業技術高等専門学校)

《吉澤 亨史》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

    実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

  2. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  3. <IT坊主の説話>禅語にある「竹」の深い意味、強くしなやかな企業のあり方

    <IT坊主の説話>禅語にある「竹」の深い意味、強くしなやかな企業のあり方

  4. 子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

  5. 医療の世界からネットビジネス界へ 医師専用SNS「メドピア」の挑戦

アクセスランキングをもっと見る

page top