アマゾンの1時間配送、サービスエリアを拡大 | 東京IT新聞

アマゾンの1時間配送、サービスエリアを拡大

コンシューマー EC

 Amazon.co.jp(アマゾン)は26日、Amazonプライム会員向けサービス「Prime Now(プライム ナウ)」の対象エリアの拡大を発表した。

 現在提供中の東京および神奈川県・川崎市に加え、関西初となる大阪市、吹田市、豊中市、摂津市、守口市、兵庫県尼崎市、伊丹市でも提供を開始する。関東では神奈川県・横浜市でも提供を開始する。

 「Prime Now」は、午前6時の注文から深夜1時までの注文であれば、商品を1時間以内に配送するサービス。2015年11月より東京都内でサービスを開始。専用のバッグや配送バイク・車両で配送する。注文は専用アプリを使い、スマートフォンから注文する形となる。

 午前6時から深夜1時の配送で「1時間以内配送」の場合、配送料金890円が別途必要(税込)。午前6時から深夜0時の配送で、2時間単位で配達時間を指定する「2時間便」の場合、無料で利用できる。対応商品数は15,000点以上。

 関西エリアの取扱商品については、大阪発祥の冷凍惣菜類、中華のチルド惣菜・調味料など、各地域に関連の深い商品を強化。また、全対象エリアで卵と牛乳、および月刊誌の取り扱いも開始する。

1時間配送のAmazon Prime Now、サービスエリアを拡大……大阪、兵庫、横浜でも

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

page top