【新電力EXPO】電力小売りの自由化を先取る | 東京IT新聞

【新電力EXPO】電力小売りの自由化を先取る

エンタープライズ 市場動向

 4月からの電力小売りの全面自由化に向けて、関連企業による展示会「新電力EXPO2016」が開催された。期間は27日から29日まで。会場は東京ビッグサイト。

 今年が第二回目の開催となる同展示会では、テーマを“始まる省エネの新展開!~デマンドサイドからトータルマネージメントへ~”に設定。出展者は電力供給事業を担うサプライサイドが中心となり、デマンドサイドの「ENEX2016」、マネージメントサイドの「Smart Energy Japan2016」との同時開催となる。

 会場ではエネルギーマネジメントにおけるIoT活用、電力事業者向けのクラウドサービス、小売業務連携支援ツール、スマートエネルギーシステムなどに関する展示が行われている。また、日本の最終エネルギー消費量の約4割を占める熱利用ついて、その有効利用に関する展示も数多く見られた。29日には関連セミナーも開催される予定。

 なお、27日の10時30分には「平成27年度省エネ大賞」の表彰式を実施。その事例発表会が同日の13時から行われるほか、会場の一角に受賞企業の展示を集めたアワードコーナーが用意された。

 その他、電力自由化や省エネルギー、再生可能エネルギーなどに関するセミナーも実施。こちらは事前登録制となり、27日時点ではすでに満席となっているものも多かった。

電力小売りの自由化を先取る「新電力EXPO」、東京ビッグサイトで開催

《丸田鉄平/H14》

編集部のおすすめ

特集

page top