NEC、2ヵ所目のサイバーセキュリティ・ファクトリー | 東京IT新聞

NEC、2ヵ所目のサイバーセキュリティ・ファクトリー

コンシューマー セキュリティ

日本電気株式会社(NEC)は1月27日、サイバー攻撃対策の導入・運用を支援する「サイバーセキュリティ・ファクトリー」をシンガポールに開設し、グローバルなセキュリティ監視ネットワークを強化したと発表した。2014年に日本で開設したサイバーセキュリティ・ファクトリーに次ぐものとなる。

日本の同施設では、セキュリティ専門要員によるネットワークやWebサイトの24時間監視、マルウエアや情報漏えいの調査、セキュリティ要員を養成する演習などを提供している。今回新設したシンガポールにおいても、日本の同施設と協働してサイバー攻撃の脅威情報を共有、顧客に24時間の安全を提供する予定だという。

シンガポールにサイバーセキュリティ・ファクトリーを新設(NEC)

《吉澤 亨史》

編集部のおすすめ

特集

page top