スマホ+電気+ネット+家事の「おうち割」 ソフトバンク | 東京IT新聞

スマホ+電気+ネット+家事の「おうち割」 ソフトバンク

コンシューマー サービス

 ソフトバンクは28日、自宅のインターネット、電気、家事に関するさまざまなサービスが、ソフトバンク携帯電話とセット契約することで割安・便利になる「おうち割」の提供を開始した。

 サービス内容は「おうち割 光セット」と「おうち割 でんきセット」の2種。

 「おうち割 光セット」では、自宅のインターネットとソフトバンク携帯電話をセットで契約することで、家族1人1人の通信料金が割引される。割引額は、携帯電話1回線あたり最大2,000円/月。対象固定通信サービスは、SoftBank 光、SoftBank Air、Yahoo! BB ADSL、ひかりdeトークS(ケーブルライン)、NURO 光 でんわ(ケーブルライン)など。

 「おうち割 でんきセット」では、同日からスタートした「ソフトバンクでんき」とソフトバンク携帯電話または固定通信サービスをセットで契約することで、携帯電話指定回線の通信料金、または固定通信サービス利用料金が割引される。東京電力エリア・関西電力エリア・中部電力エリアが対象。割引額は世帯あたり最大300円/月。

 さらに「おうち割 光セット」「おうち割 でんきセット」を契約した場合、4月1日から2年間、水・カギ・ガラスのトラブルでの作業・出張が無料になる「おうちレスキュー」が提供される。

スマホ+電気+ネット+家事の「おうち割」、ソフトバンクが開始

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

page top