楽天グループ、スタートアップに投資 100億円ファンド | 東京IT新聞

楽天グループ、スタートアップに投資 100億円ファンド

エンタープライズ 企業動向

Rakuten Venturesは(本拠地:シンガポール)日本国内において、ベンチャー・キャピタル・ファンド「Rakuten Ventures Japan Fund(楽天ベンチャーズ・ジャパン・ファンド)」の運用を開始した。運用資産額は100億円。楽天が27日に発表した。

「Rakuten Ventures Japan Fund」では、「アーリーステージ」や「グロースステージ」にある、インターネット関連事業を展開する日本のスタートアップ企業を中心に投資する。対象となる企業には、旺盛な起業家精神と先見性のある技術やビジネスモデルを求めており、さらなる成長を促すため、楽天グループ内の既存の技術やプラットフォームの活用などによるサポートも提供する。

本ファンドは、マネージング・パートナーであるSaeMin Ahn(サエミン・アン)のもと、Hogil Doh(ホーギル・ドー)がインベストメント・マネージャーとして運用する。

Rakuten Venturesは楽天グループのベンチャーキャピタルだ。「アーリーステージ」投資に特化したコーポレート・ベンチャー・キャピタル・ファンドとして、2013年からシンガポールを拠点に、東南アジアにおける1000万米ドル規模のファンドの運用から始動した。2014年には、イスラエル、アジア太平洋地域および米国の企業を対象とした1億米ドル規模のグローバル・ファンドを組成している。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top