ホテル客室備え付けのタブレットで街歩きプラン作成 | 東京IT新聞

ホテル客室備え付けのタブレットで街歩きプラン作成

コンシューマー 産業のIT化

ミライトは28日、ホテル客室設置型タブレット「ee-TaB*(イータブ・プラス)」サービスで、旅行者の街歩きプラン作りを手伝うウェブサービス「CT-Planner(シーティープランナー)」を新たなコンテンツとして採用した。

「CT-Planner」は、旅行者ひとり1人のニーズに合わせた街歩きプラン作りを支援するウェブサービスだ。首都大学東京観光科学域倉田研究室と東京大学人工物工学研究センター 原研究室が共同開発した。

目的地と好みの旅行スタイルを入れると、それらに応じたモデルプランが表示される。行きたい施設や旅行時間等のリクエストを追加すると、プランは利用者好みのものに改良される。2016年1月現在、31都市の観光プランが作成可能で、日本語・英語に対応。

作成した旅行プランは、スマートフォンなどの端末に持ち出すことができる。また、地域側から新たな観光地データを投稿することもできる。

「ee-TaB*」はホテル客室にタブレットを設置し、多言語コンテンツを配信するサービスだ。ホテルごとにコンテンツのカスタマイズができる。客室に配備している各種情報のパンフレットや冊子を電子化し、タイムリーに配信することが可能なため、客室用の印刷物の配備や入替など、業務コストも軽減できる。ミライトでは導入部屋数を増やし、広告プラットフォームとしての訴求力も高めていく意向。

首都大学東京倉田研究室は、観光情報ツールの開発や観光行動データの分析に取り組んでいる研究室。東京大学原研究室は、サービス工学という新領域で観光情報、旅客航空、製品サービスシステムなどの研究に取り組んでいる。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  2. 東京を冠した「.tokyo」誕生で.com以来の“ドメインバブル”起こるか

    東京を冠した「.tokyo」誕生で.com以来の“ドメインバブル”起こるか

  3. <IT坊主の説話>禅語にある「竹」の深い意味、強くしなやかな企業のあり方

    <IT坊主の説話>禅語にある「竹」の深い意味、強くしなやかな企業のあり方

  4. <EC売上調査>トップはアマゾン日本、セブン&アイは対抗できるか

  5. 子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

アクセスランキングをもっと見る

page top