熊本県教育委員会が県内高校に「受験サプリ」導入 | 東京IT新聞

熊本県教育委員会が県内高校に「受験サプリ」導入

エンタープライズ 行政

 オンライン学習サービスの「受験サプリ」が、熊本県教育委員会との協働を発表した。4月から開始される県教育委員会の「動画配信教材活用事業」でサービス提供される。

 受験サプリはリクルートマーケティングパートナーズが提供する、月額980円で予備校講師の講義動画が見放題になる高校生向けサービス。有料会員数は累計20万人を記録しており、全国約700校の高校で導入されている。教育委員会との協働は、今回が初初めてのことだ。

 熊本県では生徒の学習習熟度の差が拡大しているという声があり、習熟度に応じて学習ができる同サービスでフォローアップを図る。サービスは4月から県立の地域進学重点校10校でサービスを導入。まずは利用を希望する生徒を対象に運用される。

 利用希望の生徒は到達度テストにより弱点を把握したり、自宅学習の教材や宿題・補講のテキストとして利用することができる。また、教師側は生徒がどのような動画を視聴したかを確認でき、それぞれの生徒の学習状況を把握することが可能だ。
★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら

熊本県教育委員会がICT教材として県内高校に「受験サプリ」導入

《こばやしあきら/H14》

編集部のおすすめ

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. <ITビジネス法務>保守契約書は印紙が不要な場合が多い

    <ITビジネス法務>保守契約書は印紙が不要な場合が多い

  2. <ITビジネス法務>「準委任」の契約書は印紙が不要になるという事実

    <ITビジネス法務>「準委任」の契約書は印紙が不要になるという事実

  3. 【お知らせ】『東京IT新聞』個人情報の移動・継続・削除

    【お知らせ】『東京IT新聞』個人情報の移動・継続・削除

  4. 【お知らせ】『東京IT新聞』運営会社変更へ

  5. <IPO専門家が教える>上場の準備は3年前から始めなければ間に合わない

アクセスランキングをもっと見る

page top