デジタル・ナイトビジョン…アウトドア、生態観察、警備、停電 | 東京IT新聞

デジタル・ナイトビジョン…アウトドア、生態観察、警備、停電

プロダクト モバイル

 上海問屋は29日、闇夜でもハッキリした動画や画像撮影が可能なデジタル・ナイトビジョン「DN-13592」を発売した。直販価格は19,999円(税込)。同社のオンラインサイトで購入できる。

 肉眼では見えない暗闇の中でも、はっきり物を識別でき、さらに記録にも残せるデジタル・ナイトビジョン。登山やキャンプなどのアウトドア、生き物の生態観察、夜間の警備、停電時の作業などでの利用が想定されている。昼間、夜間のどちらでも使え、昼間は通常の自然色、夜間はモノクロ映像となる。

 2インチ液晶も搭載しており、撮った画像やムービーはすぐに確認可能。ディスプレイ解像度は320×240ピクセル、実視野は10度、夜間有効視認距離は100mまでとなっている。写真は640×480ピクセル(JPEG)、動画は640×480ピクセル(M-JPEG)で、SD/SDHCカードに記録する(最大32GBまで)。単3乾電池を8本使用で、本体サイズは幅約185mm×奥行145mm×高さ55mm、重量は413g(電池含まず)。

闇夜でもハッキリした動画や画像撮影が可能なデジタル・ナイトビジョン

《関口賢》

編集部のおすすめ

特集

page top