動物病院向けペット見守りシステム | 東京IT新聞

動物病院向けペット見守りシステム

コンシューマー サービス

 アークレイは、動物病院向けのペット見守りシステム「CLAIRVO(クリアボ)」の販売を2月2日より開始すると発表した。価格は288,000円(税別)。

 同製品はマイクロ波ドップラーセンサーで心拍数、呼吸数、体動、温度、湿度を測定し、照度計付き赤外線カメラによる映像監視が行えるというもの。

 同製品を動物病院に入院している患者動物のケージに取り付けることで、動物病院の内外で24時間ペットの様子を見守ることができる。院内ではiPadやiPad miniで、院外ではPC・スマートフォンで映像と心拍・呼吸・体動のグラフや動画を確認できる。

 いずれも非接触のシステムなので、動物にストレスを与えることなく見まもることが可能だ。心拍・呼吸・体動のモニタリングに関しては、任意のしきい値でアラームを設定し、指定したアドレスへメールで知らせる。

 また、指定の時間内なら飼い主もペットの様子を閲覧できる「お見舞い機能」も搭載。忙しくて来院できないような場合でも、ペットの状態をリアルタイム動画で確認することができる。

 動物病院で働く獣医師にとっては、業務の負担軽減ができ、大切なペットを預ける飼い主にとっても不安や心配事を軽減でき、さらに動物にも負担にならないシステムとなる。

 販売は日本動物高度医療センター(JARMeC)との販売協力契約のもとで行なわれ、アークレイは動物医療事業の拡大に向けJARMeCと2015年8月に「業務提携検討に関する覚書」を締結しており、今回が提携の第1弾となる。

獣医師の負担軽減!動物病院向けペット見守りシステムが登場

《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  2. 実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

    実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

  3. 子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

    子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

  4. スマホゲームで「不正チート行為」多発、かつての“裏ワザ”は犯罪になる!

  5. <IT坊主の説話>洗脳か納得か「身口意(しんくい)」の意味を知る重要性

アクセスランキングをもっと見る

page top