思い出しただけでゾッとする! 失敗談…覆面座談会@情シス | 東京IT新聞

思い出しただけでゾッとする! 失敗談…覆面座談会@情シス

エンタープライズ 企業動向

 情報システム部門の担当者「情シス」による座談会の第2回。Aさんが切り出した失敗談は、いつしか“社内の情報管理”の話題へ。

《目次》
【Vol.1】便利屋!? 最下層!? どこまでが情シスの仕事なの?
【Vol.2】思い出しただけでゾッとする!今だから話せる失敗談
【Vol.3】みんな、理解して! ITインフラやセキュリティはこんなに重要
【Vol.4】情シスに求められる人物像やスキルとは?


●参加者4名のおさらい
・Aさん:ウェブコンテンツの製作会社(従業員約150人)に勤務。30代後半の男性
・Bさん:ソフトウェア開発会社(同約40人)に勤務。40代後半の男性
・Cさん:ゲーム製作会社(同約150人)に勤務。30代後半の男性
・Dさん:IT系ベンチャー(同約30人)で情シスと執行役員を兼務。30代後半の男性

■サーバーストップの理由が、体調不良?

[Aさん]標的型攻撃対策で、検証機を借りてきて、コアスイッチに挿したら落ちてしまったことがあって……。パニクったんですが、どうにもならないと思って再起動をかけました。社内向けには“原因不明により落ちた”と報告。10分くらいで復旧したけれど、けっこう焦りました。

[Cさん]うちでも仲間がサーバーを止めたことがあって。報告書を見たら“体調不良”と書かれていた(笑)。サーバーを落とした結果として、体調不良になったんでしょ、とつっこみたかったですよ……。結局は、外してはいけないケーブルを外したのが原因で。最近では、ベンダーさんも障害の報告を出してくれないところがありますね。原因に“不明”、対策は“原因を究明する”と書いていたり。これじゃ何も分からないんですよね。

[Dさん]これ、クビだなって思った失敗がありました。情シスは、ヘルプデスクのようなこともやらされます。以前務めていた会社では、社長の秘書によく呼ばれていて、その度にPCの設定やら、エクセルの使い方などを教えていたんです。でもあまりにも頻繁に秘書に呼ばれた結果、上司から怪しまれてしまって。秘書からは呼ばれるし、行けば上司に良い顔されないし……。そこで、秘書からメールソフトを変更したいと言われたとき、メールを共有できるように設定にしました。これで秘書室に行かずに問題を解決できる!と思ったのですが、これがバレてしまい、その後、こっぴどく怒られました。もちろんパスワードの設定はしていたんですが、社内の連絡事項を第三者に晒す危険性があったという理由で。

[Cさん]情シスでは、普段から社内の通信履歴を取得していますよね。見ないという性善説に立って運用していますが、見ようと思えばいくらでも見れてしまう立場。だから情シスは、社内の情報を悪用しない、という精神が守られないとできない仕事と言えますね。もっとも、社内インフラに問題が発生したときは、社内のメールやチャットなどを確認せざるを得ない。すると、見たくないものまで見てしまいます。あ、この人に悪口を言われてる、なんて発見があったり。そんなことがあった日には落ち込んで、もう仕事が手につかなくなる。



[Aさん]ストレスがかかるんですよね。見たくないものも見せられるから。いぜん、メールサーバーのトラブルがあって、仕方なしにログを確認すると、やりとりの頻度がやたらと多い2人がいる。あ、これ付き合っているなと。さすがに社内の人間には何も言いませんが……。

[Bさん]何かあったら見る可能性があるよ、ということはあらかじめ言っておく必要がありますね。プライバシーの侵害につながるので。前もって断っておけば、仕事に不要なやりとりも抑止できる。

[Cさん]やっかいなのは、私物のiPhoneで写真を撮影してSNSにアップしたら、プロジェクトの事業達成目標が壁に貼ってあった。この情報漏えいは誰の責任になる、というような場合。スマホとSNSの普及で、情報を制御しきれなくなってきています。

[Aさん]SNSで言えば、仕事とプライベートのアカウントをどこで区別するかにも悩みますね。最初は分けようと思って始めるけど、そのうち境界線が曖昧になってくる。

[Cさん]サービスの多様化により、「このご時勢ですから仕方ありません」で片付けることが多くなった気がしますね。


★次回は、『みんな、理解して! ITインフラやセキュリティはこんなに重要』を22日に公開予定!

思い出しただけでゾッとする!今だから話せる失敗談……【覆面座談会@情シスのホンネ(Vol.2)】

《近藤謙太郎》

編集部のおすすめ

特集

page top