家事代行のIT化?!…「3時間前」予約が可能に | 東京IT新聞

家事代行のIT化?!…「3時間前」予約が可能に

コンシューマー 産業のIT化

クラウド家事代行サービス「CaSy(カジー)」を運営するCaSyは3日より、カジーにおいて、3時間後からすぐに家事代行サービスを利用できる「直前リクエスト」機能を拡充した。

これまでカジーでは、家事代行サービスの申込期限は希望日の「2日前18時」だった。これにより、「急な来客で今すぐ家を片付けたい」などの直前利用の要望にこたえることが可能となった。

カジーは、ウェブとアプリ(iOS、Android)を利用した、家事代行スタッフのマッチングサービス。ユーザーのリクエストに応じて家事代行スタッフの候補を推薦、ユーザーが選択・決定したスタッフを派遣する。

カジーでは、これまで蓄積した利用者と家事代行スタッフのマッチングデータをもとに独自開発したロジックにより、利用の3時間前までに予約できるアルゴリズムやオペレーション環境を整え、マッチング精度の向上に成功した。

直前リクエストの料金は、3000円/時間(税別)、交通費が1000円(税込)。2日前18時締め切りの通常申し込みは2190円/時間(税別)、交通費が700円(税込)となる。サービス利用可能エリア:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県の一部エリア。

Casyでは今春、料理代行など掃除以外のサービスの開始も予定しているという。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top