IoT市場向け、販売パートナー契約…PALTEKとOKI | 東京IT新聞

IoT市場向け、販売パートナー契約…PALTEKとOKI

コンシューマー 産業のIT化

 PALTEKは4日、IoT市場向け920MHz帯無線通信製品に関する販売パートナー契約を、沖電気工業(OKI)との間に締結したことを発表した。OKIの920MHz帯マルチホップ無線「SmartHop」を取り扱い、IoT市場向けのソリューションを拡充していく。

 920MHz帯無線は低消費電力で長距離到達、親機1台に対して多数の子機を接続できるマルチホップ接続が可能、それでいて免許不要といったメリットがあり、各種センサーやネットワークなどIoT機器への導入が注目されている。

 OKIの920MHz帯マルチホップ無線「SmartHop」は、親機1台に対して子機100台のマルチホップ接続を可能としており、IoT機器ベンダーが導入コストを大幅に低減することができる製品。

 マルチホップ無線ユニットと無線通信モジュールがカスタマイズモデルも含めて提供されており、工場内設備や交通インフラ、災害対策システムやエネルギー関連など、幅広い分野での適用が想定されている。

IoT市場向けに920MHz帯無線製品の販売パートナー契約……PALTEKとOKI

《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  2. 実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

    実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

  3. 子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

    子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

  4. 沖縄初のICカード「OKICA(オキカ)」登場!注目は本土にない独自性

  5. 教育現場でタブレット端末浸透 2020年の「1人1台目標」前倒しが進む

アクセスランキングをもっと見る

page top