スマートウォッチ向けOS「Android Wear」…バージョンアップ | 東京IT新聞

スマートウォッチ向けOS「Android Wear」…バージョンアップ

プロダクト ウェアラブル

「Android Wear」バージョン1.4配信で、ジェスチャーや音声入力が追加される
  • 「Android Wear」バージョン1.4配信で、ジェスチャーや音声入力が追加される
  • 「ZenWatch 2」ならば音声通話が可能になる
 Googleは4日(現地時間)、スマートウォッチ向けOS「Android Wear」のアップデートを数週間以内に行うと発表した。新たにジェスチャーによる操作が追加され、音声入力に対応する。

 近日中に配信されるのは、「Android Wear」バージョン1.4。新たに手首を使ったジェスチャー機能が追加され、カードをスクロールするのに従来の手首のひねりに加えて、腕を上下に振る動作での操作が可能になった。「設定」に「Wrist Gestures」の項目も加わった。

 音声入力は、Google Hangouts、Nextplusなど一部のコミュニケーションアプリで対応。メッセージを音声を入力できるようになった。

 また、「Huawei Watch」や「Asus ZenWatch 2」のようにスピーカーを搭載している端末では通話することができるようになった。コミュニケーションアプリ「Glide」ではビデオ通話も可能だ。

 この「Android Wear」新しいバージョンは、カシオの「Smart Outdoor Watch」や「Huawei Watch for Ladies」などの新モデルには最初から搭載されるとしている。

スマートウォッチ向けOS「Android Wear」、ジェスチャーや音声入力が追加……バージョンアップ配信

《関口賢》

編集部のおすすめ

page top