迷いやすい個所で地図表示、東京メトロが出口案内アプリを新公開 | 東京IT新聞

迷いやすい個所で地図表示、東京メトロが出口案内アプリを新公開

コンシューマー サービス

 東京メトロは5日、新たなタイプの出口案内アプリを公開した。3月22日までの期間、実証実験を行う。

 東京メトロでは現在、表参道駅・日本橋駅において、BLEを活用した出口案内アプリの実証実験を実施している。第一弾アプリとしては、設定した目的地の最寄りの改札口および出口番号を表示するシンプルなアプリ「東京メトロおてがる出口案内アプリ」を公開中だ。

 今回、第二弾として、「東京メトロかんたん経路案内アプリ」を公開。このアプリでは、目的地を設定することで、最寄り出口までの曲がり角や十字路など、迷いやすい個所で部分的に地図を表示し、進む方向を矢印などで指示する。

 あわせて、モバイルファクトリーが開発運営する位置情報連動型ゲームアプリ『駅奪取』とのコラボイベント「東京メトロでトレジャーハント!」を実施。スマートフォン上で表示されるヒントを頼りに、表参道駅・日本橋駅構内に設置された機器(ビーコン)から発せられる電波を受信し、キーアイテムである「石版」を集めるスタンプラリーとなっている。
《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  2. 実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

    実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

  3. 教育現場でタブレット端末浸透 2020年の「1人1台目標」前倒しが進む

    教育現場でタブレット端末浸透 2020年の「1人1台目標」前倒しが進む

  4. 子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

  5. スマホゲームで「不正チート行為」多発、かつての“裏ワザ”は犯罪になる!

アクセスランキングをもっと見る

page top