空港にロボットを配備…接客サービス | 東京IT新聞

空港にロボットを配備…接客サービス

ソリューション ロボット

 日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)は8日、羽田空港において、サービスロボットによる接客サービスの実証実験を行うことを発表した。実験期間は2月9日から2月18日まで。

 羽田空港第1旅客ターミナルビル南ウィングのJALインフォメーションカウンターと保安検査場の前にロボットを配備。ロボット本体は、動きの自由度が高く、多言語への対応が可能という観点から、仏アルデバラン社製「NAO」を採用する。

 カウンターでは、サービスロボットとデジタルサイネージを連動させ、空港施設の案内、航空機の運航状況、天候などの情報を、対話形式で提供する。

 保安検査場では、締め切り時刻のアナウンス業務において、空港スタッフと連携。スタッフが装着したスマートウォッチからロボットへ指示を送信したり、ロボットからの通知をスタッフが受信したりといったサービス連携を検証する。そのほか、多言語(英語・中国語)による、訪日外国人を対象とした接客の可能性も検証する。

JAL、羽田空港にロボットを配備……NRIと実証実験

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

page top