職場を盛り上げる15の取り組みを表彰 | 東京IT新聞

職場を盛り上げる15の取り組みを表彰

エンタープライズ 企業動向

リクルートキャリアが運営する転職情報サイト、リクナビNEXTは9日、職場を盛り上げる取り組みを発掘するプロジェクト「グッド・アクション」の表彰式を、東京・恵比寿のザ・ガーデンルームで開催した。

グッド・アクションとは、各企業が独自に実施している人材育成、コミュニケーション活性、社員のモチベーション向上などにつながる取り組みを表彰する企画。今回が第2回。募集部門は「ウェルネス」「現場活性化」「キャリア採用・活躍促進」「女性活躍促進」に加え、今回よりストレスチェック義務化などで注目される健康経営への関心の高まりを受け、「ウェルネス」部門が新設された。

今回は、チャレンジ性や独自性などを重視した審査を経て、全応募の中から15の“グッド・アクション”取り組みを選出した。表彰式では、“グッド・アクション”取り組みの表彰に加え、15の中から特に紹介したい“ベスト・アクション”取り組みを発表し、表彰した。

ベスト・アクションは以下の5事業者の取り組み。

●女性活躍促進部門:「kmウーマンプロジェクト1000 ~男性社会への挑戦!!~」
国際自動車株式会社(km。東京都港区、タクシー)
業界の女性比率は1%(2015年3月31日現在、東京タクシーセンター調べ)。kmでは2020年までに女性ドライバーを1000人採用する。女性目線の新たなサービスが誕生し、「女性がいるからきちんとしなければ」と男性社員も変化した。

●現場活性化部門:エリアマネージャー解散総選挙
株式会社オンデーズ(東京都港区、メガネの製造販売)
管理職を全社員の総選挙で選ぶ。本物の選挙さながら、マニフェストやポスターが作られ、SNSを活用した選挙活動が行なわれる。社員同士が交流しコミュニケーションが活発になる、現場が盛り上がる取り組みが選出された。離職率は10分の1になったという。

●現場活性化部門:ベテラン社員の更なる活躍に向けた取り組み
NTTコミュニケーションズ株式会社(東京都千代田区、電気通信事業)
500名の50代社員を同じ50代社員が1人で面談。約8割の社員に変化が認められ、モチベーション向上に寄与した。

●現場活性化部門:山ごもり休暇制度
株式会社ロックオン(大阪市北区、IT)
全社員9日連続の休暇取得が必須で、その間は連絡も禁止するリフレッシュ制度。社員全員の業務一覧表やマニュアルを作成し、属人化させない仕組みを作った。

●現場活性化部門:エストクエスト制度
株式会社エストコーポレーション(東京都千代田区、特定健診他)
仕事も報酬も“つかみ取り”!  マネージャーから出される「クエスト」(任務)は全て挙手制で担当するため、成長意欲のある社員が働き続ける。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top