グーグル、HTML5広告に全面移行……2017年1月でFlash広告は配信停止 | 東京IT新聞

グーグル、HTML5広告に全面移行……2017年1月でFlash広告は配信停止

コンシューマー サービス

 米グーグルは10日、ディスプレイ広告について、完全に「HTML5」ベースに移行することを発表した。Google+のAdWords公式アカウントにおいて、今後のスケジュール詳細を発表した。

 「Flash」を使った広告は、2016年6月30日以降、「AdWords」「DoubleClick Digital Marketing」へのアップロードができなくなる。さらに、2017年1月2日で、「Flash」を使った広告は配信されなくなる。

 同社ではここ数年、広告の「HTML5」ベースへの移行を推進しており、2015年2月からは、Flash広告をHTML5広告に自動変換する機能も提供している。
《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

page top