ロボットの活用アイデア、国が募集して実現へ | 東京IT新聞

ロボットの活用アイデア、国が募集して実現へ

エンタープライズ 行政

 「こんなことできたらいいな」というロボットのアイデア、募集します―― 。経済産業省は10日、デパート・美容院・旅館・レストランなどのサービス分野におけるロボット活用アイデアを募集する「みんなのロボットプロジェクト」を開始した。

 日本政府は、サービス分野などへのロボット導入を補助する「ロボット導入実証事業」(2014年度補正予算)を進めるほか、「ロボット新戦略」を昨年から打ち出している。今回あらたに、ロボットの活用アイデアを、サービスを提供する事業者だけでなく、一般ユーザーである国民からも募集する。

 プロジェクトは共創プラットフォーム「Blabo!」において実施。「世界でいちばんロボットが活躍する社会」に向けて、「これなら実現できそう!」「私もほしい!」と思える企画を募集中だ。

 アイデアの投稿は、「Blabo!」に登録すれば誰でも可能。多くの評価を集めたアイデアは、実現に向けて企業等とのマッチングを図る計画だ。
《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

page top