2015年 家電・IT市場動向…テレコム市場 | 東京IT新聞

2015年 家電・IT市場動向…テレコム市場

エンタープライズ 市場動向

GfKジャパンは、全国の有力家電・IT取扱店の販売実績データなどを基に、2015年の家電およびIT市場の販売動向を発表した。2015年の家電小売市場規模は前年比5.7%減の7兆1100億円となった。

IT関連製品は前年のWindows XPサポート終了以降消費が上向かない。大型生活家電や季節家電では冷夏・暖冬がマイナス要因となった。インバウンド需要も、市場全体では明確な押し上げ要因とはならなかった。

家電小売市場におけるインターネット通販の金額構成比は前年から1.2%ポイント上昇し11.6%となった。GfKジャパンは「利用者の裾野拡大に加え、大手事業者やインターネットショッピングモールにおける大型セール開催などが後押しとなっており、今後も構成比は徐々に拡大する」と見ている。

●テレコム市場

2015年の携帯電話は前年比6%減の3,110万台となった。スマートフォンは同1%減の2540万台。携帯電話販売における数量構成比は82%となった。2015年は「SIMロック解除に関するガイドライン」が改正されたが、スマートフォン販売に占めるSIMフリーモデルの数量構成比は2%にとどまった。スマートフォンでは大画面化が進んでおり、5インチ以上の数量構成比は前年の35%から40%へ拡大した。

ウェアラブル端末は前年比95%増の130万台と、100万台を突破した。スマートウォッチはアップルウォッチの発売を受け拡大し、前年の約7倍の40万台となった。フィットネストラッカーは新モデルの好調な販売に牽引され、前年比52%増の60万台となった。リストバンド型が数量構成比で前年から22%ポイント拡大し59%を占めた。スポーツウォッチは同41%増となった。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. <ITビジネス法務>保守契約書は印紙が不要な場合が多い

    <ITビジネス法務>保守契約書は印紙が不要な場合が多い

  2. <ITビジネス法務>「準委任」の契約書は印紙が不要になるという事実

    <ITビジネス法務>「準委任」の契約書は印紙が不要になるという事実

  3. 毎日新聞が有料電子版、紙より価格抑え先行する日経と朝日を追う

    毎日新聞が有料電子版、紙より価格抑え先行する日経と朝日を追う

  4. 【マイナンバー】Q&A / 株主から取得の必要はある?

  5. 【お知らせ】『東京IT新聞』運営会社変更へ

アクセスランキングをもっと見る

page top