通り抜けできる? 空中ディスプレイ | 東京IT新聞

通り抜けできる? 空中ディスプレイ

コンシューマー サービス

 SF映画などで定番の描写といえば、空中に大型映像を表示する「空中ディスプレイ」だ。三菱電機は17日、空中に通り抜け可能な大型映像を表示する「空中ディスプレイ」を開発したことを発表した。

 この「空中ディスプレイ」は、約56インチ(幅88.6cm×高さ112cm)の大型映像を空中に表示できる製品。入射光を分離する「ビームスプリッター」と、入射光を入射した方向へ返す「再帰性反射シート」を配置することで、ビームスプリッターから1メートル以上離れた空中に、映像を表示できる。そのため、空中に浮遊した映像の表示が可能となっている。 

 左右にガイド映像を組み合わせることで、視線を誘導。案内人などの映像を表示することで、パーソナルコミュニケーションから公共サイネージまで、さまざまな用途に対応できるという。

 今後は、デジタルサイネージやアミューズメントでの活用、案内標識など公共サインの分野で、2020年度以降の実用化を目指す。

通り抜けできる「空中ディスプレイ」がついに実現

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  2. 実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

    実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

  3. 子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

    子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

  4. 沖縄初のICカード「OKICA(オキカ)」登場!注目は本土にない独自性

  5. 教育現場でタブレット端末浸透 2020年の「1人1台目標」前倒しが進む

アクセスランキングをもっと見る

page top