特別列車『レールブック号』運行…アプリ連携 | 東京IT新聞

特別列車『レールブック号』運行…アプリ連携

プロダクト アプリ

JTBグループのJTBパブリッシングは、茨城県の勝田~阿字ケ浦間を走行するひたちなか海浜鉄道と共同企画し、JTBパブリッシングの運営する鉄道旅行の記録共有スマートフォンアプリ「レールブック」の特別列車『レールブック号』を20日に運行する。

「レールブック」は、『JTB時刻表』がプロデュースする、鉄道の乗り降りを記録するSNSアプリだ。記録するだけでなく、記録をユーザー同士やTwitter、Facebookなどでも共有し、さらにグループ機能を使った鉄道に関する情報配信・交換も可能だ。

「レールブック」では、「地域鉄道公式アカウント」を順次開設するなど、地域鉄道会社との連携を強化している。

ひたちなか海浜鉄道『レールブック号』は通常ダイヤに1両増結、オリジナルヘッドマークを掲出して走行する。女子鉄アナウンサーの久野知美(ホリプロ)、鉄道ファンでホリプロマネージャーの南田裕介が乗車し、鉄道トークを行なう。

参加するためには、ひたちなか海浜鉄道1日乗車券(1000円)を購入、「レールブック」のスマートフォン画面を提示する。事前申し込みは不要だが、各列車定員まで。

ひたちなか海浜鉄道
『レールブック号』
●運行ダイヤ
勝田10時08分→那珂湊10時24分
那珂湊11時32分→勝田11時46分
勝田15時57分→那珂湊16時13分
那珂湊17時25分→勝田17時39分
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top