3D生体模型出力サービス、武藤工業が開始 | 東京IT新聞

3D生体模型出力サービス、武藤工業が開始

ソリューション ものづくり

大判インクジェットプリンタおよび3Dプリンタの製造・販売を手掛ける武藤工業は、医療分野向け技術開発などを手掛けるアールテックと業務提携し、3Dプリンタによる生体模型出力サービス、ならびに3Dモデル加工に不可欠となる医療用3Dモデリングソフトウェア「CMMed」の販売を開始する。

大学や医療機関などの医療現場で使用される模擬手術用の生体は、小動物の臓器を用いることが多く、動物愛護の観点から代替となる人工生体モデルの実現が求められていた。武藤工業が手掛ける出力サービスでは、水に溶けない特殊な石膏を使うことで、実際の生体により近い感触をもつ“生体レプリカ”を造形できる。樹脂や通常の石膏を用いても造形ができる。

これらの生体レプリカにより、模擬手術が身近になり、手技の向上、2D画像の3D化による認識度の向上などに貢献できる。個別の患者データをもとに生体レプリカを作成することで術前シミュレーションにも役立つ。

造形出力サービスの価格は、レプリカの大きさ、複雑さや数量などで変動するが、1個「3万~4万円から」を想定しているという。金額にモデリング作業は含まない。

併せて販売を開始する「CMMed」は、個別患者の撮像データ(CT、MRI、USなど)をもとにモデリングを行ない、造形データに変換できる医療用モデリングソフトウェアだ。医療画像のDICOMデータを取り込み、画面上で関心領域を抽出し、3Dモデリングを行なう。計算流体力学(CFD)シミュレーションにも対応している。

「CMMed」は年間使用料60万円+税を予定しており、導入費用を抑えると同時に、アップデートされたソフトウェアを利用できるようにする。初年度販売目標は500本を想定。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

ソリューション アクセスランキング

  1. 世界が注目!日本の技術&アイデアで「宇宙のゴミ」を網で大気圏へ落とす

    世界が注目!日本の技術&アイデアで「宇宙のゴミ」を網で大気圏へ落とす

  2. <専門家が本音>人工知能の普及で消える仕事はこの分野と職種

    <専門家が本音>人工知能の普及で消える仕事はこの分野と職種

  3. 宇宙までエレベーターを作って一直線! 本当に実現可能な仕組みなのか

    宇宙までエレベーターを作って一直線! 本当に実現可能な仕組みなのか

  4. アプリと3Dプリンタ活用“義手”の世界に革命起こす「handiii(ハンディ)」

  5. <湯川鶴章>急速に進化する人工知能(AI)が人間社会にもたらす影響と未来

アクセスランキングをもっと見る

page top