スズキ財団、自動運転に関する研究などに助成 | 東京IT新聞

スズキ財団、自動運転に関する研究などに助成

エンタープライズ 企業動向

スズキ財団は2月19日、全国の大学等研究機関から応募のあった助成申請に対して2015年度の科学技術研究助成、課題提案型研究助成として計29件、6803万円の助成を決定した。その他の助成とあわせ、2015年度の助成総額は7682万円となる。

今回の科学技術研究助成は、生産関連技術、環境・資源エネルギー関連技術、計測・制御・解析関連技術、材料関連技術、電気・電子・情報関連技術、人間工学・医療関連技術、ロボット関連技術の7つの研究分野を対象に公募。この結果、計26件の独創的、先進的な研究開発テーマへの助成を決定した。科学技術研究助成の総額は3400万円。

課題提案型研究助成では、自動運転システムの制御に関する研究である「ドライバと自動車・自動車と自動車の共進化を可能とする高度運転支援システムの開発」および、高齢者用に自律的支援機構を付加した電動車イスを目指した「高齢ユーザの移動の質向上を目指した長期利用可能なモビリティ」、競技パフォーマンスを最大化するスポーツ用義足の開発を目指した「運動フォームと機構の同時最適化による競技者へ適合するスポーツ義足の設計開発」の3件に対し助成を行う。2015年度の新規決定の3件と昨年度決定2件の2年目分をあわせ総額3403万円を助成する。

また、同財団では研究成果の普及や研究の更なる充実・発展を図るため、国内外で行われるシンポジウム・フォーラムなどの開催費や海外の学会への渡航・宿泊費に対する助成、ブダペスト工科・経済大学など、海外からの研究留学者の受け入れ助成、財団ニュースの発行など広く活動を行っており、これらの今年度の助成総額は879万円となる。

同財団は、スズキが創立60周年の記念事業として基金を寄託し、1980年3月に設立したもので、今回で36回目の研究助成となる。設立以来の助成内容は、総件数1441件、累計助成総額16億1889万円の実績となっている。

財団の2014年3月末現在の資産総額は約80億9300万円。

スズキ財団、自動運転システムの制御に関する研究などに助成

《纐纈敏也@DAYS》

編集部のおすすめ

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 宮崎に3000人のIT人材を呼び込む!企業と県が新計画、都内で交流会も

    宮崎に3000人のIT人材を呼び込む!企業と県が新計画、都内で交流会も

  2. <IPO専門家が教える>上場の準備は3年前から始めなければ間に合わない

    <IPO専門家が教える>上場の準備は3年前から始めなければ間に合わない

  3. <レポート>「私物スマホはこう使う」ビジネス活用成功への秘訣を提示

    <レポート>「私物スマホはこう使う」ビジネス活用成功への秘訣を提示

  4. 毎日新聞が有料電子版、紙より価格抑え先行する日経と朝日を追う

  5. 期待のメタップス株が低迷、ネット・ITベンチャーのIPOに暗雲

アクセスランキングをもっと見る

page top