ロボット+名刺管理=コミュニケーション | 東京IT新聞

ロボット+名刺管理=コミュニケーション

コンシューマー サービス

 DMM.com、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)、Sansanの3社は23日、協業を発表した。スマートロボットを活用した、企業内コミュニケーション改革の支援サービスを3月より提供する。

 高機能AIを搭載したスマートロボットをインターフェイスとして活用。法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」と連携させ、音声会話やメール等で情報の受け渡しを行う。顔認識機能により、担当顧客に関連する情報や訪問時に役立つ情報を、ロボット側から発信することも可能。

 ロボットは、DMM.comのロボティクス部門「DMM.make ROBOTS」のコミュニケーションロボット(パルミー、ボッコ、ロビ)、エンタメ/ホビーロボット(プリメイドアイ、プレン ディー)を、企業のオフィス環境に合わせ、カスタマイズして提供する。ソリューションの基盤にはMicrosoft Azure、Microsoft Dynamics CRM Online、Office 365を活用する。

“ロボット+名刺管理”でコミュニケーション支援、DMM.comが開始

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  2. 実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

    実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

  3. 教育現場でタブレット端末浸透 2020年の「1人1台目標」前倒しが進む

    教育現場でタブレット端末浸透 2020年の「1人1台目標」前倒しが進む

  4. 子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

  5. スマホゲームで「不正チート行為」多発、かつての“裏ワザ”は犯罪になる!

アクセスランキングをもっと見る

page top