指輪型ウェアラブルデバイス「Ring ZERO」がスマートリモコンと連携 | 東京IT新聞

指輪型ウェアラブルデバイス「Ring ZERO」がスマートリモコンと連携

プロダクト ウェアラブル

リンクジャパンは、スマートフォンで家電を操作できるスマートリモコン「eRemote RJ-3」と、ログバーが展開する指輪型ウェアラブルデバイス「Ring ZERO」が連携したことを発表した。

スマートリモコンと指輪型ウェアラブルデバイスがリンクして使用できることで、指先のジェスチャーだけで家電を操作できるようになった。よりシンプルで、便利なライフススタイルを実現できる。

使用前に、スマートフォンに専用アプリをダウンロードしてeRemote RJ-3とRing ZEROのセットアップを行う。指先のジェスチャーを専用アプリに記憶させることで、すべての赤外線リモコン付き家電の操作が可能になる。

eRemote RJ-3は、家電の全リモコンをスマートフォンにまとめ、アプリから家電を操作できる。通信環境さえあればどこからでも自宅の家電を操作でき、帰宅時間に合わせてエアコンをオンにしたり、旅行先から照明のオンオフを切り替えることなどができる。9800円(税抜き)。

Ring ZEROは、本体を人差し指に装着し、あらかじめ記憶させておいたジェスチャー通りに指先を動かすことで、スマートフォンの音楽再生や曲送り、自撮りの遠隔操作、プレゼンテーション時のスライド切り替えなどが可能。1万6900円(税込み)。

現在、東京・品川のリンクジャパンのデモルームで指先ジェスチャーでの操作を体験できる。
《美坂柚木@CycleStyle》

編集部のおすすめ

特集

page top