慶應大、インターネット出願に全面切り替え | 東京IT新聞

慶應大、インターネット出願に全面切り替え

コンシューマー 産業のIT化

 慶應義塾大学は2月24日、2017年度の学部一般入学試験でインターネット出願を開始することを発表した。これまで各キャンパスや書店などで販売を行っていた入学試験要項(願書)はWebサイト上で公開し、紙の入学志願票による出願受付を廃止する。

 インターネット出願の導入は2017年度入試から行われる。対象は全学部の学部一般入試。願書の購入や取り寄せが不要で、入学試験要項(願書)を慶應義塾大学Webサイトから直接ダウンロードできるようになる。出願期間中は24時間出願を受け付け、検定料はコンビニエンスストアやクレジットカード、銀行ATM(Pay-easy、ペイジー)で支払い可能。これに伴い、銀行窓口における振込みは廃止予定。

 慶應義塾大学によれば、インターネットを利用した出願は自動で入力内容がチェックされるため、記入漏れの心配がない。出願内容はあとで確認でき、入学検定料の支払い前であれば出願内容の修正、追加も可能。

 なお、インターネットを利用できない出願者については個別対応を考慮する。インターネット出願方法の詳細は、秋ごろに発表される予定。2017年度入試では、早稲田大学も一般入試とセンター利用入試に関する出願や手続きはインターネットに対応することが決定している。

【大学受験2017】慶應義塾が紙の入学志願票廃止、ネット出願・手続き導入

《佐藤亜希》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  2. 実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

    実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

  3. マイナンバーカードを身分証に活用…内閣官房が導入

    マイナンバーカードを身分証に活用…内閣官房が導入

  4. イオンやセブンなど大手小売が連呼する「オムニチャネル」とは何なのか?

  5. 子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

アクセスランキングをもっと見る

page top