イードのモバイルサイトが検索で速い…AMPに参加 | 東京IT新聞

イードのモバイルサイトが検索で速い…AMPに参加

コンシューマー サービス

イードは、自社運営しているウェブメディア(モバイルサイト)が、Accelerated Mobile Pages(AMP:アンプ)に対応したと発表した。Googleが25日に発表したAMP対応検索において、イードが提供するコンテンツが高速に表示されるようになった。

イードは昨年12月より、モバイルインターネットの向上という共通課題のもとGoogleが発足させた「Accelerated Mobile Pagesプロジェクト」に参加し、モバイルインターネットの高速化対応の準備を進めてきた。

25日に、日本最大級のモビリティニュースサイト『レスポンス』がAMPに対応し、26日に教育情報サイトの『リセマム』と映画情報サイトの『シネマカフェ』が対応した。今後、イードが保有する40以上のウェブメディア(モバイルサイト)も順次対応していく予定。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  2. 子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

    子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

  3. 教育現場でタブレット端末浸透 2020年の「1人1台目標」前倒しが進む

    教育現場でタブレット端末浸透 2020年の「1人1台目標」前倒しが進む

  4. スマホゲームで「不正チート行為」多発、かつての“裏ワザ”は犯罪になる!

  5. 人工知能やIoT分野で飛躍する日本企業、ビッグデータ規制を緩め支援を

アクセスランキングをもっと見る

page top