電子書籍の利用率はほぼ横ばい---無料「お試し」が減る | 東京IT新聞

電子書籍の利用率はほぼ横ばい---無料「お試し」が減る

エンタープライズ 市場動向

電子書籍の利用率は、無料コンテンツは22.9%、有料コンテンツは16.5%だった。MMD研究所は、20~59歳の男女2201人を対象に「2016年電子書籍および紙書籍に関する調査」を実施し、結果を発表した。

調査では、電子書籍利用率のほか、紙書籍で読書している人の割合と購入先、紙・電子書籍の両方で読書している人でどちらが多いか、などがわかった。

電子書籍の購読について聞いたところ、「現在利用している」人は無料コンテンツで22.9%、有料コンテンツでは16.5%となった。昨2015年調査では無料コンテンツが22.4%だったので微増、有料コンテンツでは17.2%だったので微減、全体としてほぼ横ばいの結果となった。ただ「試しに利用してみた程度」は、有料が微減にとどまったいっぽうで、無料が減少し、無料でも「利用したことはない」が増えている。

紙書籍で読書している人は83.0%おり、紙書籍で読書している人(N=1862)に購入先について聞いたところ、「書店」が85.5%と最も多く、次いで「ネットショップ」、「古本屋」となった。

紙書籍および電子書籍の両方で読書すると回答した人(N=541)を対象に、どちらで読書することが多いかを聞いたところ、「紙書籍のほうが多い」と回答した人が過半数の54.0%となった。「電子書籍のほうが多い」は25.7%、「どちらも同じぐらい」が20.3%となった。


2016年電子書籍および紙書籍に関する調査
●調査期間:2016年2月19~21日
●有効回答:2201人
●調査方法:インターネット調査
●調査対象:20~59歳の男女

今回調査した全設問項目
●電子書籍ストアから電子書籍を購入した本を読んだことはありますか?
●紙書籍を読みますか?
●紙の書籍を購入するときの購入先を教えてください。
●紙の書籍と電子書籍のどちらで読書することが多いですか?
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. <米国発コラム>そこまでやるか?交通違反で衝撃の取締事情

    <米国発コラム>そこまでやるか?交通違反で衝撃の取締事情

  2. メディア工房、ソーシャルゲームのセカンダリー事業等を譲り受け

    メディア工房、ソーシャルゲームのセカンダリー事業等を譲り受け

  3. 赤字上場のグノシー、無難な滑り出しは市場の信頼回復につながるか

    赤字上場のグノシー、無難な滑り出しは市場の信頼回復につながるか

  4. <日常に潜むネット中毒>サイト閲覧後にイライラや空しさを感じたら要注意

  5. 目指すは若手起業家の生態系づくり 「festivo」代表 塚本貢也さんに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top