携帯電話を使うと寄付---ソフトバンク | 東京IT新聞

携帯電話を使うと寄付---ソフトバンク

エンタープライズ 企業動向

 携帯電話を使うだけで、自然と社会貢献できる仕組みを、ソフトバンクが開始する。ソフトバンクは29日、月々の携帯電話利用料金の3%を、ソフトバンクが代わりに寄付する「チャリティモバイル」を開始した。

 「チャリティモバイル」では、専用申し込みページでソフトバンク携帯電話を購入(新規契約・機種変更)すると、社会貢献活動を行う非営利団体に2年間、ユーザーの負担なしで寄付を行う。寄付額は、月々の利用料金(基本使用料、国内での通信料、付加サービス使用料の合計)の3%、および申し込み時に6,000円。

 寄付先として指定できるのは、「あしなが育英会」「中央共同募金会」「認定NPO法人 テラ・ルネッサンス」「特定非営利活動法人 トイボックス」「日本PTA全国協議会」「日本ユニセフ協会」「ピースボート災害ボランティアセンター」の7団体。3月中には「どうぶつ基金」「日本クールシニア推進機構」も寄付先に加わり、9団体となる予定。

 なお、申し込み後2年未満の寄付終了および寄付先の変更は不可。回線を解約した場合、または各団体の専用申し込みページ以外で機種変更した場合、「チャリティモバイル」によるソフトバンクから非営利団体への寄付は終了となる。

携帯電話を使うと、ソフトバンクが代わりに寄付……「チャリティモバイル」開始

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 20代と30代の起業はどこが違う?両世代の著名ベンチャー経営者らが激論!

    20代と30代の起業はどこが違う?両世代の著名ベンチャー経営者らが激論!

  2. <ITビジネス法務>「準委任」の契約書は印紙が不要になるという事実

    <ITビジネス法務>「準委任」の契約書は印紙が不要になるという事実

  3. <米国発コラム>そこまでやるか?交通違反で衝撃の取締事情

    <米国発コラム>そこまでやるか?交通違反で衝撃の取締事情

  4. メディア工房、ソーシャルゲームのセカンダリー事業等を譲り受け

  5. 赤字上場のグノシー、無難な滑り出しは市場の信頼回復につながるか

アクセスランキングをもっと見る

page top