【新連載:企業とYouTuberのマッチング】広告収益と視聴者、2本柱を理解しよう | 東京IT新聞

【新連載:企業とYouTuberのマッチング】広告収益と視聴者、2本柱を理解しよう

エンタープライズ 市場動向

この2年ほどでしょうか、よく「動画元年」という言葉を耳にするようになりました。ビジネスの中で使われるときは、「動画広告元年」という意味が多いように思います。つまり、広告領域の中で動画広告が大きく成長し、広告主や消費者に大きなインパクトを持つようになる年だということを期待されて使われている言葉です。

●持続的な成長を

インターネット業界の中で、「今年こそ動画元年となる」という話題は、過去に何度もありました。その度に、その時々にあったインフラのイノベーションや投資、新たなサービスが生まれては消えていきました。動画というマーケットやコンテンツの持つポテンシャルは非常に高いとはいえ、そういった過去の事実も冷静に受け止めながら、一時的なトレンドではなく、マーケットやコンテンツが持続的に成長できるように、取り組んでいかなければならないと、個人的には思っています。

●誰でも投稿できる、誰でも見ることができる

動画元年という言葉の中で、大きな役割を担うであろうと考えられているのが、「YouTube」です。YouTubeはインターネット人口の1/3を占める10億人以上のユーザーに利用されており、1日あたりの動画の再生回数は数十億回を超えている、全世界で活用されているといっても過言ではない動画プラットフォームです。

YouTubeに動画を投稿することやYouTubeで動画を視聴することは、基本無料ででき、動画再生の前や途中に配信される広告を主な収入源とした広告モデルで、YouTube事業は成立しています。動画を投稿する動画投稿者(YouTuber)には、その広告収益の一部が分配されます。

YouTubeでは、全世界のクリエイターが、差別なく、かつサーバーや、配信ソフト、通信環境などの大きな投資も必要なく、インターネット上で動画を全世界の人々に向けて発信することができます。そこから生まれる収益の還元を受けとることができるというシステムは、素晴らしい機会をクリエイターに提供しているといえます。

いっぽう動画視聴者には、YouTubeでどの動画を視聴するか、ほぼ完全に自由な選択肢が与えられており、視聴者は視聴したい動画を視聴したいだけ視聴でき、視聴者が視聴したいと考えられる動画はより視聴されるようになるという、完全に視聴者オリエンテッドなシステムが導入されています。

●広告収益と視聴者オリエンテッド

マニアックな話題から紹介してしまいましたが、YouTubeの活用を考えている企業やクリエイターは非常に増えてきていると感じる一方で、YouTubeというプラットフォームを支えている、広告収益と視聴者オリエンテッドの二つのシステムを深く理解している方は、まだまだ少ないように思います。

次回以降も、基本的な知識から、より実践的な情報まで、YouTubeを活用しようとしている企業やクリエイターの皆さんに、参考にしていただけるような内容をご紹介していきます。

■著者プロフィール
坪田正信(つぼた・まさあき)
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェショナル・エージェンシー・グループ
オンラインクリエイター・ディビジョン プロデューサー
EUREKA事業責任者
YouTube認定コンサルタント

■EUREKA(エウレカ)
EUREKAは動画共有サービスYouTubeに自作動画を投稿するクリエイター(YouTuber)と、YouTube動画によるプロモーションを行う企業とを繋ぐプラットフォーム。近年、プロモーションにYouTuberによる動画PRを活用する企業が増えてきており、「膨大な数のYouTuberから自社に合う人物を選定するのは困難」「効果的な活用方法がわからない」といった課題がある。EUREKAではYouTuberの選定からYouTuberとのやり取り、動画の閲覧状況の分析まで一気通貫して、プロモーションをサポートする。
URL https://eureka-cr.com/
《坪田正信》

編集部のおすすめ

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 地方創生の成功にはITが不可欠、政府が「IT利活用促進プラン」を発表

    地方創生の成功にはITが不可欠、政府が「IT利活用促進プラン」を発表

  2. 超小型の製造装置「ミニマルファブ」が日本の半導体生産に革命も

    超小型の製造装置「ミニマルファブ」が日本の半導体生産に革命も

  3. <IPO専門家が教える!>赤字や小さな売上でも上場できるのはなぜなのか

    <IPO専門家が教える!>赤字や小さな売上でも上場できるのはなぜなのか

  4. <ITで地方創生:島根1>プログラミング言語「Ruby」の聖地に育てた松江市

  5. 【ITビジネス法務】クラウドソーシングの源泉徴収

アクセスランキングをもっと見る

page top