中国“全人代”を「ニコニコ生放送」で中継---日本初 | 東京IT新聞

中国“全人代”を「ニコニコ生放送」で中継---日本初

コンシューマー サービス

ドワンゴは、同社が運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」で3月5日、全国レベルの重要な政治的決定を行なう、全国人民代表大会“全人代”を日本で初めて生中継する。

全国人民代表大会“全人代”は、省・自治区・直轄市・特別行政区の人民代表および中国人民解放軍から選出された代表(議員)によって構成され、年に一度、人民大会堂で開催される。国務院などが提出した議案や予算を審議する、中国の一院制議会だ。

今回の全人代は、習近平政権として初めて策定する、2016年から2020年の「第13次5カ年計画」が発表されるとして、注目されている。

ニコニコ生放送では、「第12期全国人民代表大会」第4回会議での開幕式と、李克強首相による政府活動報告の放送を生中継する予定だ。映像は、国営テレビ局である中国中央電視台(CCTV)が提供し、音声は中国国際放送局(CRI)が提供、日本語同時通訳と解説を加える。

日本で全人代の「映像」で生中継を行うのは「ニコニコ生放送」が初めてだという。「音声」のみは、中国国際放送局(CRI)がネットラジオを通じて中継したことがある。

また、放送後には特別番組「全人代から紐解く中国の未来」を放送する。司会に青木理氏、ゲストにジャーナリストの富坂聰氏や政治家の海江田万里氏を迎え、全人代から見えた中国の未来と展望を解説する。

■番組名:中国全国人民代表大会
映像提供:中国中央電視台(CCTV)
放送日時:3月5日(土)10時00分~

■番組名 :全人代から紐解く中国の未来
放送日時:3月5日(土)11時30分~
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top