イヤホンで「耳認証」---個人認証技術 | 東京IT新聞

イヤホンで「耳認証」---個人認証技術

コンシューマー セキュリティ

 銀行やスマホなどでも一般的になってきた「指認証」。簡便なセキュリティだが、「作業やスポーツをしながらの認証ができない」「指紋を(さらにはぶっそうだが、指そのものを)盗られて突破される可能性がある」という点で、新たな生体認証も求められている。

 日本電気(NEC)と長岡技術科学大学は7日、人間の「耳」を使った新たな個人認証技術を発表した。

 この認証方法では、「マイク一体型イヤホン」を耳に装着し、耳の穴で反響したイヤホンの音を、マイクで収集する。耳の穴の形は、各個人で異なるため、音の反響も各個人で異なる。この各個人特有の音響特性を、1秒程度で瞬時に測定するという。音響特性から個人の判別に有効な特徴量を抽出する独自技術を開発し、これにより認証率99%以上を実現した。

 イヤホン型のため、移動中や作業を行いながらでも、認証が可能。また、装置を装着し続ければ、常時任意のタイミングで認証を行うこともできる。

 NECでは、「重要インフラ施設の保守・管理」「警備」といった現場でのなりすまし防止、無線通信・通話時の秘密保持、医療現場などでの展開を視野に、2018年度中の実用化を目指すという。

イヤホンで「耳認証」、NECの新技術

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

page top