「ペッパー」エンジニアを島根で育てる! | 東京IT新聞

「ペッパー」エンジニアを島根で育てる!

ソリューション ロボット

エクスウェア(本社:東京都品川区)の島根支社(愛称「MOMOラボしまね」)が、ソフトバンクロボティクスより、人型ロボット「Pepper」(ペッパー)の公式アトリエサテライトとして認定された。エクスウェアが7日、発表した。

アトリエサテライトとは、「Pepper」ロボアプリ開発に興味を持つ人が集まり、情報交換・発信する場だ。各地のアトリエサテライトでは、月に1回程度、「Pepper」のロボアプリ開発に関する勉強会などのイベントが開催されている。

公認サテライトの施設に対してソフトバンクロボティクスは、「Pepper」のロボアプリ開発を学ぶための資料やイベント告知のサポートなど、技術面から運用ノウハウまで様々なサポートを提供する。

「Pepper」に関する開発を行なっているエクスウェアは、子供から大人までロボットについて学び、遊べる空間を実現するために、公認アトリエサテライトとしての認定を申請した。

Pepperアトリエサテライト松江として認定された「MOMOラボしまね」では、定期的にイベントを開催し学びの場を提供するほか、「Pepper」を使用して好きなアプリを作ったり、「Pepper」エンジニアに個別指導を受けたり、トレーニングメニュー用意する。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top