「スマホケース投げ」の世界大会 3月19日 | 東京IT新聞

「スマホケース投げ」の世界大会 3月19日

プロダクト モバイル

 「なにかを投げて獲物を狩る」のは、人類の歴史がスタートした時代から始まった風習だ。砲丸投げ、槍投げのようにスポーツ化したものもあれば、餅、俵、松ぼっくり、鹿せんべい、さらにはマウスパッドや携帯電話まで投げる対象になり、大会やお祭りが各地で開催されている。

 そして、スマホグッズの老舗Hameeが、世界初の『スマホケース投げ世界大会』を3月19日に開催する。この大会は、年代、世代、国籍を問わず「スマホケースだけ」を投げ、その距離を競い合うオンリーワンの競技だという。

 スポーツ大会らしく、レギュレーションも厳密に決まっており、スマホケースは各自が用意。審判が笛を吹いたら、スマホケースを持って、一度『もしもし』と言って電話を掛けるポーズを取って、その後もう一度『もしもーし!』と大声を出しながら思いっきりスマホケースを投げるという手順になる。投げ方は自由だが、重さは100グラムまでで、ドローンのような遠隔操作装置を取り付けることは禁止となっている。

 スマホケースのカスタマイズはOKで、スマホがハマる形であれば問題ないという。ルールを読み解くと、“きわめて軽量な素材”で“遠隔操作でない推進装置”を取り付ける、という魔改造が可能そうだが、はたして?

 参加費は無料。優勝賞金は3万円、2位以下にもHameeオリジナルグッズがプレゼントされる。また、公式サポーターのぷらむ〇ガーデン選出の『ぷらむ〇ガーデン賞』も用意されるとのこと。申し込みは特設サイトから事前参加エントリーする必要がある。なおHameeでは、参加者が飛ばしたスマホケースの飛距離の合計数を募金する予定。合計が1250mなら、1,250円を日本赤十字社に寄付する。

■開催日時・場所
日時:2016年3月19日(土) 13:00~17:00
場所:小田原 城山競技場
最寄り駅:JR小田原駅 西口徒歩15分
参加費:無料

前代未聞!? 「スマホケース投げ」の世界大会 3月19日

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

プロダクト アクセスランキング

  1. <Androidアプリ>湿度も計れる実用的な「デジタル温度計」が人気

    <Androidアプリ>湿度も計れる実用的な「デジタル温度計」が人気

  2. セカイカメラの進化アプリ「tab」 あの頓智ドットが社名を変えじわり存在感

    セカイカメラの進化アプリ「tab」 あの頓智ドットが社名を変えじわり存在感

  3. <海外で流行>日本もタクシー呼び出しは“スマホ配車”の時代へ突入

    <海外で流行>日本もタクシー呼び出しは“スマホ配車”の時代へ突入

  4. 日本アプリ「CocoPPa(ココッパ)」 世界1000万女子を魅了し続ける理由

  5. Siriを搭載…Mac向け次期基本ソフト発表 WWDC

アクセスランキングをもっと見る

page top