診察料を携帯料金とまとめて支払える…スマート病院会計 | 東京IT新聞

診察料を携帯料金とまとめて支払える…スマート病院会計

コンシューマー 産業のIT化

ソフトバンクは、病院の診察料を携帯電話料金とまとめて支払える「スマート病院会計」を、28日より提供開始する。ソフトバンクが7日、発表した。サービス開始時は約50の医療機関で利用できる。

ソフトバンクユーザーが「My SofrBank」で利用登録をしておくと、医療機関での診察料を後から携帯電話料金とまとめて支払うことができる。受診後、会計せずに帰れるほか、外出先での急病時でも診察料を気にせずキャッシュレスで受診できる。ソフトバンク携帯電話の契約者本人だけではなく、利用登録した家族なども利用可能。

処方箋がある場合、優先して処方箋をもらえる施設もある。また、通院先や診察料などの受診履歴をスマートフォンで一括管理できる。

利用料金は1回あたり100円(税抜き)。すでに一部の医療機関で試験運用を始めており、28日のサービス開始時点で東京、神奈川、千葉、埼玉の約50の医療機関で利用できる。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top