東京マラソンを360度カメラで撮影、動画公開 | 東京IT新聞

東京マラソンを360度カメラで撮影、動画公開

プロダクト ウェアラブル

ランニング・アーティストのジョセフ・ティム氏が、東京マラソン2016を360度カメラでライブ中継した動画が公開された。

テクノロジーを駆使した奇抜なコスチュームで疾走するジョセフ氏。2月28日に開催された東京マラソンに出場し、頭にカメラを取り付けた姿で東京マラソンを生中継した。世界初となる通常のビデオ中継と、360度バーチャルリアリティカメラでのライブ中継を敢行して完走した。

今回の挑戦では、ソニーコンピュターサイエンス研究所の笠原俊一氏とコラボレーションを行った。ソフトウェアのアルゴリズムを使用し、2機のカメラ映像をリアルタイムにひとつに結びつけ、LiveUの放送機能に送信。複数のLTEネットワークを通して、サーバーに受信させることに成功した。

360度カメラでのライブ中継の模様はYouTubeで公開されている。

東京マラソンを360度カメラで撮影、ランニング・アーティストが動画公開

《美坂柚木@CycleStyle》

編集部のおすすめ

特集

page top