IPネットワーク対応インターホンの公共活用 SECURITY SHOW | 東京IT新聞

IPネットワーク対応インターホンの公共活用 SECURITY SHOW

コンシューマー 産業のIT化

同社ブースの様子。集合住宅向けの「VIXUS」や、センサーライトカメラでセキュリティを高めた「ROCOタッチ7」なども展示されていた(撮影:防犯システム取材班)
  • 同社ブースの様子。集合住宅向けの「VIXUS」や、センサーライトカメラでセキュリティを高めた「ROCOタッチ7」なども展示されていた(撮影:防犯システム取材班)
  • 導入事例として紹介されていた福島交通飯坂線の駅間連絡システム。離れた場所にある有人駅から無人駅のサポートなどを行っている(撮影:防犯システム取材班)
  • 「IX(アイエックス)システム」の展示。IPネットワーク対応なので距離や接続台数の制限なしに利用できる点が特徴(撮影:防犯システム取材班)
 アイホンは、11日まで東京ビッグサイトで開催されている「SECURITY SHOW 2016」にて、 広域拠点間の出入口応対や映像監視が可能なIPネットワーク対応インターホン「IX(アイエックス)システム」などの展示を行った。

 IPネットワークに対応したことで、通常のカメラ付インターホンとは異なり、接続台数や距離の制限なしに使用できるのが「IXシステム」の大きな特徴。またONVIF(Open Network Video Interface Forum)対応とAPI開示により、ネットワークカメラなどの他社製品との連携も可能だ。

 ブースでは「IXシステム」の導入例として、福島交通飯坂線の駅間連絡システムを紹介。複数の無人駅の自動券売機横にカメラ付ドアホン端末を設置し、有人駅に設置されたモニター付インターホン端末から映像監視や利用客のサポートなどを行っている。導入の決め手となったのは、カメラ付で犯罪抑止効果が高いこと、そして導入コストの安さだという。

 他にもブラウザ機能搭載でタクシーの配車予約なども可能な集合住宅向けシステム「VIXUS」や、スマートフォンで来客の応対が可能な「ROCOワイドスマホ」、センサーライトカメラでセキュリティを強化する「ROCOタッチ7」など、利便性やセキュリティ性を高めた各種インターホンの展示を行っていた。

無人駅の防犯対策と利用客をサポート……インターホンの公共活用事例

《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部のおすすめ

page top