PSのVRは大衆市場のため---開発責任者が語る | 東京IT新聞

PSのVRは大衆市場のため---開発責任者が語る

エンタープライズ 経営

Oculus RiftとHTC Viveの予約がスタートし、VRへの期待感が高まっている昨今。海外メディアPolygonがPS4のVRデバイスPlayStation VR(PS VR)関係者にインタビューを実施し、その中で開発責任者伊藤雅康氏がOculus Riftとの差異について語っています。

伊藤氏はインタビューの中で「ハイエンドクオリティの話なら、私はOculusが良いVRであることを認めます」と述べた上で、「しかし、それは非常に高価であり、非常に高速なPCが必要です。ソニーのヘッドセットの最大の利点はPS4で動作すること。日常的な使用に耐えうる使いやすさがあり、手頃な価格でなければいけません。これはハイエンドPCユーザーのためではありません。大衆市場のためです」と語りました。

PS VRの価格はユーザーから大きな注目を浴びていることの1つ。これまで登場しているVRデバイスは、Oculus Riftが北米599ドル/日本9万4600円、HTC Viveが北米799ドル/日本11万1999円で、さらにハイエンドPCが必要なこともあり、少しばかりハードルの高さを感じさせます。PS VRの発売時期は2016年上半期で、3月15日にはGame Developers Conference 2016(GDC2016)でPS VRのプレゼンテーションを予定。コンソール機のVRデバイスであるPS VRの続報に注目が寄せられます。

PS VR開発責任者伊藤雅康氏がOculusとの差異語る―「手頃な価格でなければならない」

《水京》

編集部のおすすめ

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. <IPO専門家が教える>上場の準備は3年前から始めなければ間に合わない

    <IPO専門家が教える>上場の準備は3年前から始めなければ間に合わない

  2. 毎日新聞が有料電子版、紙より価格抑え先行する日経と朝日を追う

    毎日新聞が有料電子版、紙より価格抑え先行する日経と朝日を追う

  3. JR西日本と日本信号が資本業務提携へ

    JR西日本と日本信号が資本業務提携へ

  4. 大企業と対峙する中小企業マーケター

  5. <関西>「シェア」発想の有望サービス続々 演劇やスポーツで起業も

アクセスランキングをもっと見る

page top