アミューズメント施設にVR…グリーとHTCが提供へ | 東京IT新聞

アミューズメント施設にVR…グリーとHTCが提供へ

プロダクト ウェアラブル

 つい先日、日本でも予約がスタートした、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「HTC Vive」。ワイヤレスコントローラー、空間測定を行うセンサー、フロントカメラ、電話機能も搭載する“バーチャルリアリティ(VR)のためのHMD”だ。

 この「HTC Vive」を使い、国内のテーマパーク・アミューズメント施設・カラオケ・ショッピングセンターなどに、VRサービスを提供する。そうした計画をHTCとグリーが10日に発表した。

 両社は、双方のリソース・技術力・ノウハウを活用し協力してサービスを開発。アミューズメント・レジャー施設に、VRサービスの提案や導入支援を行っていくという。

 グリーは、2015年よりVR事業に本格参入。同年9月には初のVRコンテンツである謎解き脱出ゲーム『サラと毒蛇の王冠』を東京ゲームショウ2015に出展したほか、11月にVR開発専門スタジオ「GREE VR Studio」を設立している。GREE VR Studioが中心となり、HTC Vive向けコンテンツを作成し提供を行う。

グリーとHTC、アミューズメント施設にVRを提供へ

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

プロダクト アクセスランキング

  1. <Androidアプリ>湿度も計れる実用的な「デジタル温度計」が人気

    <Androidアプリ>湿度も計れる実用的な「デジタル温度計」が人気

  2. XP延命に打開策「攻撃を確実に止められる!」と標榜するソフトの真相

    XP延命に打開策「攻撃を確実に止められる!」と標榜するソフトの真相

  3. 「どこに置いた?」スマホで音を鳴らす、距離を測る

    「どこに置いた?」スマホで音を鳴らす、距離を測る

  4. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  5. まだ600万台が「XP」!使い続ける人へ日本MSが発した4つの“お願い”とは

アクセスランキングをもっと見る

page top