東日本大震災から5年…Twitterの“希望”、ヤフーの“応援” | 東京IT新聞

東日本大震災から5年…Twitterの“希望”、ヤフーの“応援”

エンタープライズ 企業動向

 2011年3月11日14時46分に発生した東日本大震災から5年。Twitterでは、特別なタグ「#5年目」を用意。このハッシュタグを使うと、その後ろに、白いガーベラをくわえた鳩の絵文字が、自動的に表示される。ガーベラの花言葉は「希望」だ。

 節目となる5年目。「まだ5年」なのか「もう5年」なのか、それぞれの人が、いろいろな受け止め方をしているだろう。Twitter公式アカウント「Twitter Gov Japan」(@TwitterGovJP)では投票を行っている。“立ち止まって復興を考える機会の場”として利用してほしいとのことだ。

 一方ヤフーは、「Search for 3.11 検索は応援になる」を今年も実施。「Yahoo!検索」で「3.11」と検索すると、被災地の復興支援団体に、1人につき10円をヤフーが寄付するという試みだ。昨年は290万人が参加し、2,918万2,780円が寄付された。

 あわせてヤフーは復興支援特集企画「震災から5年、いま応援できること。」サイトを開設。この5年間で検索された東日本大震災に関するキーワードを可視化したムービー「ビッグデータ篇」などを公開している。

3.11から「#5年目」……Twitterが掲げた“希望”、Yahoo!が行う“応援”

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

page top