自動ドアに---後付け型IC認証式タッチスイッチ SECURITY SHOW | 東京IT新聞

自動ドアに---後付け型IC認証式タッチスイッチ SECURITY SHOW

コンシューマー セキュリティ

 シーズンテックは、11日まで東京ビッグサイトで開催されている「SECURITY SHOW2016」にて、タッチスイッチ式の自動ドアをIC認証ゲートに変える「IC Auto door touch」の展示を行った。

 スイッチを押さない限り無闇に開かないため、店舗や商業施設の入り口に設置されていることも多いタッチスイッチ式の自動ドア。そのタッチスイッチ式の自動ドアのセキュリティを高めることができるのが同製品となる。

 タッチスイッチを押した後、ICカードをかざすとドアが開くという仕組みで、タッチスイッチ部分の子機を交換するだけで自動ドアをICカード認証の自動ドアに変えることができるのだ。

 同製品は、電池式のため、追加の電源工事は不要。最大10,000ユーザーの登録が可能で、入退履歴も10,000件まで管理できる。

 登録者のみ入場できる時間帯と、誰でも自由に入場できる時間帯を任意に設定できるので、たとえば店舗の営業時間内はフリー入場に設定し、閉店後はスタッフや納品業者、清掃業者など、IC登録者のみ入場できるようにするといった使い方も可能だ。

 具体的な価格などは未定だが、今年夏ごろの販売を予定しているとのこと。

自動ドアのセキュリティを強化!後付け型IC認証式タッチスイッチ

《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  2. 実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

    実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

  3. 教育現場でタブレット端末浸透 2020年の「1人1台目標」前倒しが進む

    教育現場でタブレット端末浸透 2020年の「1人1台目標」前倒しが進む

  4. 子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

  5. IoT時代には必要不可欠となる「フォグ・コンピューティング」とは一体何か

アクセスランキングをもっと見る

page top