ヤフーのコンテンツを駅サイネージにリアルタイム配信 | 東京IT新聞

ヤフーのコンテンツを駅サイネージにリアルタイム配信

コンシューマー 産業のIT化

 電通が都営大江戸線・六本木駅の上下線ホーム上に設置しているデジタルサイネージ「六本木ホームビジョン」。ジェスチャーで操作できるシステムや音声センサーなどを搭載しており、さまざまな実験的な配信を行っている。

 今回、ヤフーのコンテンツを、ほぼリアルタイムでデジタルサイネージに自動配信する実証実験がスタートした。今回、両社が協力し、即時性が求められるコンテンツを、簡単・自動でサイネージに放映できる独自システムを開発。3月14日~20日の7日間、「Yahoo!天気・災害」の「花粉情報」や「Yahoo!検索(リアルタイム)」の「話題のツイート」など、ユーザーの関心が高く、即時性があると思われるコンテンツを自動で配信する実験を行う。

 実験内容は「リアルタイム・ハクション・サイネージ」と「リアルタイム・インフォメーション・サイネージ」の2種。

 「リアルタイム・ハクション・サイネージ」では、電車がホームに進入してくると、連動してサイネージの表示情報が、「お花見情報」から「花粉情報」に切り替わる。芋洗坂係長などが出演する背景も、それにあわせて花びらから花粉に表示が切り替わる。

 「リアルタイム・インフォメーション・サイネージ」では、Twitter上で話題になっているキーワードランキング「話題のツイート」や、六本木周辺の天気予報、六本木周辺にある映画館の上映スケジュールなどのコンテンツを、Yahoo!のコンテンツを活用して配信する。

電通とヤフーが、サイネージ配信でタッグ……リアルタイムに情報表示

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  2. 実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

    実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

  3. 子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

    子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

  4. 沖縄初のICカード「OKICA(オキカ)」登場!注目は本土にない独自性

  5. 教育現場でタブレット端末浸透 2020年の「1人1台目標」前倒しが進む

アクセスランキングをもっと見る

page top