ペッパーを無料でお試し…子ども向けプログラム | 東京IT新聞

ペッパーを無料でお試し…子ども向けプログラム

ソリューション ロボット

 ショップや銀行窓口での接客に活用されているロボット「Pepper」。今回新たに、幼稚園や小児医療機関にも裾野を広げる動きを、ソフトバンクが開始する。

 ソフトバンクは、人型ロボット「Pepper」を1か月無料で試せる「Pepper スマイルプログラム」を発表した。3月16日~31日の期間、全国の幼稚園や小児医療機関からの申し込みを受け付ける。

 「Pepper スマイルプログラム」では、一般販売モデルと同様のロボアプリが搭載されたPepperを1か月無料で貸し出す。一般販売モデルでは、あらかじめ搭載されている「ベーシックアプリ」とアプリストアからダウンロードできる「ロボアプリ」(約200本)などが活用できる。また一般販売モデルには、子どもがPepperと一緒に遊べるコンテンツが、最初から用意されている。

 これにより、子どもそれぞれを認識し感情を表現したり、写真を撮影したり、一緒にダンスを踊ったり、子どもと遊ぶことが可能だというお試し期間終了後、継続利用を希望する場合はそのまま購入することもできる。

 ショップの接客要員としてのPepperは、見かける機会もじょじょに増えているし、たしかに「便利」というイメージはあるが、ソニーのロボット犬「AIBO」のように、“愛される存在”というには、まだ少し距離が残っている。幼稚園でPepperを見かけるようになれば、また違った印象が生まれそうだ。

Pepperを1か月無料でお試し、子ども向け「スマイルプログラム」開始

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

page top