SCE、「PlayStation VR」商品情報を発表---VR対応作 | 東京IT新聞

SCE、「PlayStation VR」商品情報を発表---VR対応作

コンシューマー サービス

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PlayStation 4のゲーム体験を拡張するVRデバイス「PlayStation VR」を2016年10月より発売すると発表しました。価格は44,980円。日本、北米、欧州、アジア地域で同時発売予定です。なお、日本国内向けの予約開始時期は現状未定とされています。


SCEによれば、「PS VR」発売から2016年末までにUbisoft開発の『Eagle Flight』、CCP Gamesの『EVE: Valkyrie』、Enhance Gamesの『Rez Infinite』を始めとした50本以上の対応タイトルがリリースされるとのこと。そのほか、5本のVR対応タイトルをプレイできる『PlayStation VR WORLDS』、『Until Dawn: Rush of Blood』などが配信予定です。Electronic Arts/DICE/Lucasfilmからは、「PS VR」で体感できる『Star Wars バトルフロント』の「全く新しいゲーム体験」が提供されるとも伝えられています。



また、PlayStation Storeでは「PS VR」発売と同時にPS VR専用タイトル『THE PLAYROOM VR』を配信する予定。「PS VR」を初めて体験するユーザーに向けた6本のタイトルを収録し、VRで体感できるメディアプレーヤーと共に、ローンチ直後から遊べる作品としてリリースされる見込み。その他、参入表明済みの企業や製品仕様などの詳細情報は、国内向け公式Webサイトよりチェックできます。

SCE、「PlayStation VR」商品情報を発表―『SWBF』『Rez Infinite』など50本以上のVR対応作を予定

《subimago》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  2. 実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

    実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

  3. イオンやセブンなど大手小売が連呼する「オムニチャネル」とは何なのか?

    イオンやセブンなど大手小売が連呼する「オムニチャネル」とは何なのか?

  4. マイナンバーカードを身分証に活用…内閣官房が導入

  5. 子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

アクセスランキングをもっと見る

page top