アプリテスト走行ソリューション、ATTTに出展へ | 東京IT新聞

アプリテスト走行ソリューション、ATTTに出展へ

コンシューマー 産業のIT化

ナビタイムジャパンは、3月16日から18日に東京ビッグサイトで開催される「第7回 国際自動車通信技術展(ATTT)」に出展する。

今回は、トラックドライバー向けに特化したアプリ「トラックカーナビ」と、スマートフォン向けアプリなどのテストを代行する法人向けサービス「アプリテスト走行ソリューション」を初出展する。

同社のナビゲーションエンジンとリアルタイム情報の運用ノウハウを生かしたクルマや車載器を連携し、安全運転を支援するテレマティクスの最新活用事例を実車やデモ機を使って紹介。また、ナビゲーションサービスで培ってきたノウハウを活かし提供している、交通や移動に関するデータ分析事例も展示する。

そのほか、「カーナビタイム」を手元で操作できるオリジナルの「カーナビリモコン」のプレゼントも実施する。

【ATTT16】ナビタイム、トラックカーナビとアプリテスト走行ソリューションを初出展

《纐纈敏也@DAYS》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  2. 教育現場でタブレット端末浸透 2020年の「1人1台目標」前倒しが進む

    教育現場でタブレット端末浸透 2020年の「1人1台目標」前倒しが進む

  3. 子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

    子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

  4. 実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

  5. 元“グルーポン系”EC「ルクサ」、KDDIとの資本提携が意味するもの

アクセスランキングをもっと見る

page top